もろみ酢の疲労回復効果について

もろみ酢に含まれるクエン酸で疲労回復

もろみ酢とは、沖縄名物の泡盛を作る際にできる、もろみ粕を、
圧縮ろ過してできる液体のことです。
酢という字がつきますが、米酢などに含まれる酢酸はほとんど入っておらず、
アミノ酸とクエン酸が豊富で飲みやすいです。
普通の酢に比べると、刺激が少ないので、米酢が苦手な方でも飲むことができます。

もろみ酢と間違えられやすいのですが、健康効果抜群の言われている酢に黒酢があります。
黒酢の何倍ものアミノ酸を含むサプリメントを摂取することでお手軽に黒酢の成分を摂取できます。
もろみ酢は、結婚式までに痩せたい女の人にもお勧めです。

クエン酸は、体内の代謝に欠かせない成分です。
炭水化物やたんぱく質などの、必要な栄養素を消費される際に、
クエン酸が必要になります。
ですから、クエン酸が体内にあることで、代謝が活発になり、
乳酸を分解し、エネルギーへと変換してくれます。

乳酸が蓄積されると、疲れやすい身体になっていまいます。
筋肉の疲労にも乳酸が影響していて、肩こりや筋肉痛を引き起こします。
ですから、もろみ酢に多く含まれるクエン酸をきちんと摂取することで、
疲労回復の効果があります。
代謝も促進されるので、血行が良くなり、身体のすみずみまで酸素を届けられ、
活動的な身体になることができます。

もろみ酢は、すっぱいイメージがあるので、酸性食品だと思われています。
人間の体内は、アルカリ性ですが、ストレスや不規則な生活を続けると酸性に傾いてしまいます。
もろみ酢は、体内の乳酸を分解して、身体をアルカリ性へと戻す働きをしてくれる、
アルカリ性食品として、健康に役立っています。
もろみ酢は、毎日大量に飲む必要はありません。
15mlほどを飲めば十分効果があります。